トップ > 施術のキャンセル料金 > 脱毛サロンでの手当センターのキャンセル料について

脱毛サロンでの手当センターのキャンセル料について

急性撤廃に対するペナルティーの出現

会社帰りに脱毛サロンへ行こうと思ったら、急に残業が入って行けなくなった
月経になってしまって、オペできなくなった
など、様々な理由で、予約したけど、急に脱毛サロンへ行けなくなるケースがあります。

こんな時、アポイントを撤廃する必要がありますが、急性撤廃の際、気になるのが撤廃料金などのペナルティーが発生するか否かだ。そこで、事前に撤廃チャージの出現について確認しておくとよいです。

急性撤廃に対するペナルティーはひどいサロンが多い!

多くの脱毛サロンでは、単に混雑してくると、アポイントが取りがたくなり、本気でオペを行っていることが多いです。 そんな中で、直前での撤廃に関しては、サロン周りも欠損となるため、根深いペナルティーを課すところが多いです。

最良重たいペナルティーは、オペ1回分の会得だ。 撤廃により実際にはオペにあたっていないけど、1回分会得取扱とみなされます。 体内脱毛だと、1回のオペチャージは20,000円前後なので、1回分のチャージの欠損はかなり苦しいだ。

オペ1回分を会得取扱はせず、2,000~3,000円の撤廃料金としてペナルティーを課す脱毛サロンもあります。 オペ1回分会得取扱よりは手厳しくないですが、それでも1回の飲食代金がなくなったと考えると難しいですね。

撤廃に対して寛大な脱毛サロンもあり!

キレイモ、銀座コントラスト、脱毛研究所、ジェイエステティックなど、多くの脱毛サロンで撤廃に対するペナルティーが大きい点となっておりますが、逆に寛大な脱毛サロンもあります。それがシースリーミュゼプラチナムだ。

ミュゼプラチナムは、2012階層まで撤廃料金をとっていましたが、人々が楽しく利用できるようにする結果、撤廃料金を取り消しすることになり、現時点に至っている。

確かに、自分の隙や故意ではないのに、急に撤廃することになってしまった件、撤廃料金を取られてしまうと、後日楽しくサロンに通うことができないですよね。

シースリーやミュゼプラチナムのように、撤廃に寛大な脱毛サロンもありますが、いよいよ急性撤廃は、サロン側には大変迷惑なことです。残業にならないみたい現職を調整したり、月経お日様前後にオペお日様が被らないように、余裕を持ってアポイントをする等、急性撤廃は遠ざけるようにしましょう。

急性撤廃に対するペナルティーの出現 会社帰りに脱毛サロンへ行こうと思ったら、急に残業が入って行けなくなった 月経になってしまって、オペできなくなった など、様